de spiriarto & lucy (日記、ゲーム感想の個人サイト)    現在位置: トップページ愛すべきゲームキャラ達ルーシー

ルーシー(エルフェンリート)




ルーシー


「感動する」と聞いて1年くらい前に見たエルフェンリート。1話から衝撃を受け、最後まで目が離せなかったですね。そのエルフェンリートのメインヒロインであり主人公のルーシーです。

ルーシーのここが魅力
・とにかく悲しいんです、切ないんです、ルーシーを見てると・・。

2つの悲しみを感じます。1つは愛を欲するのに受けられない悲しみ。愛というのは、平穏な家庭なら親から無条件で与えられるものでしょう。しかし、ルーシーは角が生えている理由で小さい頃に親から捨てられ、愛を受けていません。捨てられた先の孤児院でも、角の為、ひどい扱いを受けます。

もう犬しか信じられない


そんな中、ルーシーにも一筋の光が。コウタとの出会いです。まだお互い小学生高学年くらいでしょうか?コウタと一緒にいることは、ルーシーにとって初めての居場所だったのでしょう。しかし、残念ながらそれも長くは続かず、満たされない想いを抱えて生きていきます。作品の中で、ルーシーの満たされない想いがベクターの殺戮を通して強烈に伝わってくるんです!ベクターによる殺戮はディクロニウスの心の叫びだと思います。

待ってなんかないんだから!


もう一つの悲しみは、過去を後悔している悲しみ。ルーシーはコウタと仲良くなったのですが、コウタは実は幼馴染のユカのことが好きで、ルーシーに対して特別な感情は持っていませんでした。ただのませガキ、天然女たらし、無意識フラグ発生器です。あるお祭りの日、ルーシーがコウタとユカが一緒にいるのを目撃し、そのショックがきっかけでディクロニウスのDNA(人類を全滅させる)に従うようになります。そこで、コウタの父親と妹をベクターで殺してしまいます。

ごめんなさい


コウタの叫びによって、ルーシーはコウタを悲しませてしまったことを知り、ずっと後悔します。そこからルーシーはコウタに謝る為だけに生きていきます。

コウタに図星をつかれる


アニメ本編は基本的に2人が再会した後の話ですが、コウタがショックで過去を忘れている、ルーシーに「にゅう」という別人格があるなどで、2人の記憶が噛み合わずなかなか謝ることが出来ないのですが、ところどころで垣間見えるルーシーの贖罪の気持ちが見ていてとても切ないです。。。

悲しませてしまった後悔


この2つの悲しみを、こともあろうかこの作品は「グロ」とのギャップで何百倍にも引き立たせるんですよ!卑怯、と負け惜しみ的な事を言いたいですが、この「グロ」と「悲しみ」のギャップには参りました。ベクターによる殺戮は悲しみを引き立たせる道具であり、ディクロニウスの少女が抱えている心の叫びでもある。ここまで悲しい気持ちにさせるキャラは他にいません。私の心を捉えて離さないキャラの一人です。


・本当は優しい子

話し方やべクターが恐ろしいルーシーですが、動物に優しかったり、長い間自分を責め続けたりで、本来はとても優しい子だと思います。「人を沢山殺してるじゃねえか!」とか「ナナに対する行動、許し難し!」と考えている人もいるかと思いますが、許したげて!ルーシーも壮絶な人生だったんだよ〜。ディクロニウスのDNAのせいもあるんだよぅ。

にゅうじゃない!


DNAが浸食する中、人を殺したくない!という想いがあったんだと思います。子どもの時、コウタに「あたしがもし、他の誰かをたくさん殺すようになったら、コウタが私を殺して」と言うシーンからもルーシー本来の優しさが伝わってきます。なぜ、こんな子が周りの人間やDNAのせいで辛い人生を送らないといけないのか?嗚呼、もの悲しや。

「コウタが私を殺して」
あたしがもし・・・


切ないシーン


・DNAに打ち勝つ心に強さ

アニメの最後、コウタと抱き合った後の話。自分の中では、

「コウタをベクターで気絶させる」
        ↓
「コウタと人類を救う為、DNAに打ち勝ち、自衛隊に自殺しにいく」

と勝手に思ってます(笑)。DNAに勝てたのはコウタのおかげでもありますが、それでも彼女の心の強さは素晴らしいものだと思います。


・純情

クールに見えて意外と赤くなります。ほんと純情なんだから〜。でもそこがかわいい。

赤くなりすぎ。だがそこがいい。


・外見

ピンク色の髪がかわいい。どちらかと言うとショート派。服は全部で3種類かな(緑色の帽子、紺セーター、ピンクと黒のワンピース)。どのデザインもすっごい好きです。

・声

ルーシーとにゅうの演技は素晴らしい!この作品で小林沙苗さんの名が記憶に刻まれました。

この帽子もかわいい


心に残るシーン
・4話 ナナとルーシーの戦闘
・5話 学校で「コウタ!コウター!」のシーン
・6話 神社でルーシーとコウタの会話
・8話 過去の話に入る前、ルーシーが赤面するところ
・8、9話 全部
・11話 ルーシーが髪を切るシーン
12話 最後のルーシーの告白(切なさと涙が大爆発)


心に残るセリフ
「ここの子どもはみんな不幸だ。自分が不幸だから、自分より不幸なものが必要なんだろ」 (子どもの頃にこんな考えを持ってしまうのは悲しすぎます)

「人間じゃないのは、人じゃないのは、お前らのほうだあああ!」
(全くだよ)

「みんなと少し違うだけで、なぜこんな目にあわなきゃならない・・」
(ほんとだよな〜おかしいよな〜)

「コウタは、この地獄の中で、私の前に不意に現れたつかの間の夢だ・・」
(ここのルーシーの告白はガチでやばいです)


最後に
・コウタがルーシーを「子どもの時のさみしそうな女の子」と言いますが、まさにその通り。ディクロニウスという生の中で、壮絶な悲しみを背負った少女だからこそ、私の心を捉えて離しません。ルーシー、幸せになってくれ〜!!

最後に少しでも救いがあって良かった・・




魅力補完計画:↑に書いた魅力を動画にしてみた(ルーシーは6分1秒から)



(2010年12月某日 記載)




・服 その1

ルーシー

ルーシー


薄水色のシャツに紺色のセーター。その辺の私立高でありそうなシンプルな組み合わせがいい。シャツの襟が女の子っぽくてかわいい。
ボタンを上まできちんと留めているのもプラス点、ユカに着せられている姿が目に浮かびます。

下は折り目のあるスカートがまた心を掴む。こういうエメラルドグリーンが個人的に好きなんですよね〜。合わせるのが難しい色だと思いますが、ピンクの髪、紺セーターとの絶妙なコントラストに琴線


・服 その2

ルーシー

ルーシー


肩紐の細い黒のワンピースに、ピンクのインナー。

くぅ〜、かわいい!ピンクの髪と黒のワンピースの相性が抜群!加えて、首リボンがショートヘアになった分、良いワンポイントになっている。髪と同系色なんですが、微妙に濃くした赤を使用することで、良いアクセントになっている!ルーシーのスタイルの良さが引き立つコーディネート。


(2013年9月8日 記載)



(関連ページ)
  ・エルフェンリートで一番好きなMAD




エルフェンリート感動した これ見たあとになに見ても響かないわ

2014/3/27 柚子さん


柚子さん、はじめまして。artoと申します。

おそらくエルフェンリートという作品は、少し打っただけで響く方、あるいは糠に釘な方、両端に分かれるのでは?と予想しています。前者に入った柚子さんは幸運かと。まあ、前者の作品にたくさん出会いたいものですね。

エルフェンに関すること2点。1点はエロゲのゴア・スクリーミング・ショウ、エルフェンの影響を受けている気がすること。2点目は最寄りのツタヤからエルフェンがなくなったこと。おいおい、許可した覚えはないぞっと。(怒)

2014/3/27 管理人


コウタに対する優しさがすごく萌える

2014/9/29 吉野さん


吉野さん、はじめまして。管理人です。

分かります。
ルーシーのコウタを想う態度は切なさあり、微笑ましさありといったところですね。
残虐さとのギャップで優しさが光ります。

ルーシーの良いところは話せば分かるところ。
人の痛みが分かるところ(訴えれば)。
12話で、コウタが妹と父親を殺されて「もうやめてよ!」と嘆願するシーンで涙を浮かべるルーシーは印象的です。
いわゆる昭和天皇が東條英機を「まじめだが話せば分かる男」と仰られたようにルーシーも(長いので以下略) DNAが目覚めてもそのような優しい心が残っていて良かったです。

2014/10/1 管理人



ルーシー大好きです。原作でもこのような辛い扱いでしたが優しさは全キャラの中でトップなので大好きの一言に尽きます。

2016/5/11 カイさん


カイさん、はじめまして。管理人artoです。
返信が遅れてスミマセン。

過去の行いに対しあれだけ自分を責めるのは、
優しい心を持っているからこそと思います。
ふと「ここの子どもはみんな不幸だ」と言うシーンを思い出したんですが、
あの年齢で人の本質的な部分を理解しているルーシーはとても賢い子だなと。
そして辛い経験をしてきたからこその理解だ、とも。

2016/10/31 管理人


 ルーシーのことが好きな人の数= web拍手 by FC2  Copyright (c) 2010 - 2013 www.arto-lucy.net All Rights Reserved. レイアウトVer3.0(2013年5月より使用)
・愛すべきゲームキャラ達一覧(ひとつ上へ)    ・心揺さぶられるDIARY    ・紡いだゲーム感想    ・ゲーム音楽への想い    ・トップページ