de spiriarto & lucy (日記、ゲーム感想の個人サイト)    現在位置: トップページ |  ご意見:Web拍手orメールまで
 de spiriarto & lucy
 (最近はオナ禁とエロゲの個人サイト)
 since 2010.4.5 Was yea ra w.n.s yor. 




<ニュース>
また高齢ドライバーの事故 82歳の車に61歳女性はねられ死亡 東京・小金井

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6220796


最近多いな、と思う。


私が多いと思うのは、高齢者ドライバーによる事故ではなく
それを報道するニュースの数である。


自動車の死亡事故は特に珍しくないだろうし、
高齢者ドライバーの事故もこれまでもあったのでは?
ただの推測だが。


短期間でこれだけ同じニュースを目にすると、
なにか世論を誘導したい方向があるのでは?と勘ぐってしまう。


高齢者ドライバーのニュースを報道することに
どんな意図があるのだろう?
高齢者を悪者にすることで、誰にどんな得があるのだろう?


世代間対立を煽る?
保健会社?
認知症薬など製薬会社?

分からない。 分からないが、 マスコミの急激な報道には
何らかの意図があると自分は考えている。




前回の学歴社会の話に関連して、
条件つきの自分に価値を置くということについて。


例えば、
 ・勉強ができる自分
 ・他者との競争に打ち勝つ自分
 ・仕事を真面目に頑張っている自分
 ・お金持ちな自分
 ・彼氏、彼女がいる自分
 ・高価な服を着ている自分
 ・良い会社に勤める自分
など 

そういった自分に価値を置き過ぎるのは危険ではないだろうか?
なぜなら、
条件がない自分、つまり「ありのままの自分」には価値がない
といっているのに等しいからである。


条件付きの自分に価値を置く。
それはつまり、自分の外部に価値を置くことに等しい。
そのような習慣で育つと、
世界の中で、他者との接触の中で、 常に何か条件を探そうとする。
他者をけなしたり、見下したり、
勝っている部分がないかを探したりして。

まず、小さい頃に培ったそのような考え方が
ボタンの掛け違いだったことに気づくのが大事ではないだろうか?


勉強ができる自分に価値がある?
いやいや、そうではない。そうではないんだ。
髪が薄いとかフサフサだとか関係ないんだ。
条件があろうがなかろうが自分には不変の価値があるのだ。
ありのままの自分に価値があるのだ。




学歴社会が恐ろしいと思うのは、
高校受験、早ければ中学受験から他者との競争が始まり、
大学〜良い会社へと絶え間なく続いていき、
他者への勝利がその人の価値を支えることになること。
良い大学、良い会社で仕事をする自分に価値を置くことになること。


そのような人は、何らかの運命によってレールから離れる事象が
発生した場合、アイデンティティの崩壊となり、
立ち直るのは非常に困難になる。


もう1つは、
受験勉強をしてこなかった人や自分より下の勉強レベルの人を
見下すようになるということ。
これも勉強に価値を置きすぎた結果であり、
勉強以外で努力してる人がいる可能性があるにもかかわらず、
勉強でのみ物事を判断しがちになる。傲慢さにも繋がる。




最近、街中にマスクをしている人が多いと感じる。
以前より増えたのではないだろうか。


マスクをする理由は風邪や花粉症防止が一般的だと思うが、
マスクをしている人全員がそういった体調面の理由ではない気がする。
全員が風邪とは思えないほど数が増えているからだ。


何も体調以外でマスクをする人を悪いと言っているのではない。
その人の自由だと思うのだが、 今日は体調以外でマスクをする理由について少し考えてみた。


一つに、
周りの視線が気になっているのではないだろうか。
視線が気になることは多くの人にあると思うのだが、
その意識が異常に肥大しているのではないだろうか。



なぜ、周りの視線が異常に気になるのか?
おそらく「人に認められたい」という承認欲が強くなっているからだろう。


では、承認欲とマスクがどう関係するのか?
こういう流れではと考える。


人から認められたい!
    ↓
しかしこの顔では認めてくれないだろう
    ↓
それならいっそのこと、こんな顔隠してしまえばいい


つまり、 承認欲の異常な肥大がマスクにつながっている、というのが私の意見。
仮にそのような理由があったとして、それに対して何かを言うつもりはないのだが、 一つ気になるのは、マスクをしている人から感じる「どうだ!」「私は万能だ!」 という圧倒感、威圧感。もちろんマスクをしてる人全員からではないが、そういった傲慢さを感じるのは私の気のせいだろうか。



運命のいたずらにより、「オナ禁の軌跡」をメニューに追加。
これまで日記に書いたオナ禁関連はそちらに移動しました。

あと、エロゲ「殻ノ少女」はクリアして「ゲーム感想」に追加済。
現在「虚ノ少女」プレイ中。



手をつけるエロゲをことごとく放置している管理人artoですが、 久々に熱中できる作品に出会いました。

面白い!面白いよ!殻ノ少女!
そう。私は、ゲームに、エロゲに、こういう作品を求めているのだよ。 今の時代に存在するのか分からない「推理ADVゲーム」。

それはともかく。
紫が誘拐されるBADENDを見た後、3/17に戻ってきたのだけど。
3/17の推理パートがどうしても分からない・・・。

殻ノ少女

殻ノ少女

殻ノ少女


「日下達彦」は合ってると思うんだがな〜。
証拠品が足りないのか・・・?
もう一度、初めからやってみようか・・・?

この悩んでいる時間が楽しいです! 攻略サイトは見ないつもり!



(その1から続き)

3.観賞後のモヤモヤ感

ラストシーン、二人の再開に感動を受け、 スタッフロールが流れた瞬間、 何故か心にモヤモヤが発生しました。
映画が終わり、周りの客が「感動したね!」と話している中、 「一体、このモヤモヤはなんなんだ?」と家につくまで考えてました。
どうやらその答えは2つ。


1つは、終わり方の問題。

あそこで二人がすれ違ってさよならであれば、あのシーンで終わりで いいけど、ハッピーエンドならば、後日談をもう少し見たかった。
例えば、クラナドアフターストーリーのラストのように、エンドロールに後日談の映像を流すとか、あるいは、エンドロール後に少し後日パートを流すとか。
あそこでの終わりはなんともモヤモヤが残った。


もう1つは、心の揺さぶられ方が若干弱かったこと。

どうしても過去作と比較をしてしまうのですが、 私は新海監督が表現する人生の切なさ、悲哀、人が持つ感情の爆発、人間らしさに心揺さぶられてきました。
例えば、秒速の踏み切りシーンや言の葉の庭の階段で二人が感情を吐露するシーンです。

今作も(私から見た)人間らしさや心の爆発が表現されたシーンはありました。三葉が過去を変えるために奔走するところとか、もちろんラストとか。
該当シーンはあったんですが、心の揺さぶりが若干弱かった。
泣ける泣けないの話でないんですよ。それを超えた心に焼きつくかどうか、というか・・・。
アルトネリコで言うヒュムノスを紡ぐレベルの揺さぶりはなかったかな、と。


以上、感じたこと3点。
少しネガティブなことを書きましたが、 振り返ってみると、全体的にとてもよくできた作品!バランス良し! 「もう1回観にいこうかな?」と思ってしまうくらい、良い作品でした!

あと、今後はタイムリープものに変わり、「人格転移もの」「前向性健忘もの」 が増えてきそうな予感がした。以上。



昨日、映画館で「君の名は。」を観てきました。
新海監督作品が大好きなこのarto、
見逃すはずがないじゃないですか!(逆ギレ)


いやー、全体を振り返って、
良い映画でした!とても良い映画でした!
笑いあり、感動あり、構成も良く練られていると感じました。
これまでの新海作品、例えば、秒速とか言の葉の庭よりも 一般受けしそうな内容で、高い評価になると予想します。


以下、個人的に感じたこと3点。


1.Remember11

「あれ?これってRemember11じゃん!」
「あれ?これってRemember11じゃん!」
「あれ?これってRemember11じゃん!」

前情報全くなし、どういう話かワクワクしながら観賞し始めたのですが、 まずこれを感じました。 ノベルゲー好きなら私と同じ考えを持った人、いるでしょう?(笑)

人格のみならず時空すら転移している点も、ますますRemember11。 そこからこの映画にRememer11を重ね合わせ、頭の中でストーリーを予想。

人格転移現象により運命共同体となった二人が、困難の末、お互いを想うようになり、 最後はRemember11のこころ編ラスト

「彼は私にとって不可分な存在

わかつことのできない、双子の運命共同体

そう、まるで絡み合う双子の粒子のように

だから、失われた半身を求めてどこまでも追い続ける

光を超えて・・・

無限をも、超えて・・・・・・」

(Remember11 こころ編より抜粋 & 加工)


で二人が出会えた感動のように、
双子の片割れに出会えた喜びを含むラブストーリーになるのでは、と 予想してました。

要するに、映画の半分くらいの時間はRemember11のことが頭にあったということです(笑)。 三葉を救うために過去を変えようとする時、「Remember11はどうやって解決したんだっけ?」などと考えていました。


2.印象に残った場面
2−1.三葉が東京に行ったシーン

「好きな男の子に会いたい!」と一念発起で東京に行ったのに、 3年の時間差があるから瀧はどうやっても気づかない。 三葉も時間差があると知らないから、「瀧君、なんで話してくれへんの?」と瀧の態度の理由が分からない。

いや〜、ここ切ないわ〜(悲)。

初め、なぜ三葉は髪を切ったのだろう?と思っていたのですが、このシーンを見て想像つきました。 おそらく、「想っていたのは私だけだったんだ・・・遠い東京の男の子に恋するなんて無理だったんだ」と考え、 恋心を吹っ切るために髪を切ったのでしょうね。


2−2.手を開いたら「好きだっ」と書いてあったシーン

泣きそうになったシーンその1。
「えっ!名前じゃないんか!」という意外性から 「名前よりも好きを先に伝えたかったのか」と瀧の想いが津波のように押し寄せてきて心揺さぶられた。反則だと思う。


2−3.ラストの階段で声をかけたシーン

泣きそうになったシーンその2。
三葉の泣き笑顔が凄く心に残っている。
これを観て、「嗚呼、泣くことって他の動物にはない、人間にのみに与えられた美しさだなぁ」と感じました。 確かに、赤ん坊のようにちょっとしたことですぐ泣くのはどうかと思いますが、 感動の涙、喜怒哀楽は人間が持つ宝物であり、大切にしていきたいですねぇ。

(その2へつづく)



日々、生活をしている中で、
とても悲しくなる時がある。
胸が張り裂けそうなくらい悲しくなる時がある。
仕事が終わって暇な時。
電車に乗っている時。
人込みを歩いている時。


この悲しみはどこからくるのか、自分に問うたところ
どうやら私は愛が欲しいと思っているようだ。
愛が欲しいのに、それが満たされないところから悲しみがきていて、
尚且つ、愛を欲しいと思っている自分を「情けないヤツ」と考え、
そんな愛を欲する自分を認められないようなのだ。


自分の心には大きな穴が空いていて、
それが満たされないから悲しいのだ。


村上春樹の小説「国境の南、太陽の西」に出てくる主人公と島本さん は心に大きな欠落を抱えていて、主人公はその穴を満たそうとして 何人かの女性と性的関係を結んでいくのだが、
この2人が抱える寂しさ、孤独感はとてもよく分かるんです。
主人公の浮気的な行動は共感できず、自己弁護的でどこかカッコつけた思考の主人公は大嫌いだが、
その根底にある心の欠落はとてもよく分かるんです。


ただ、その小説の主題(と私は受け取った)の通り、
心の欠落というのは、他者や物で満たすことはできない。
一時的に満たすことができても、根本的な解決にならない。
自分自身で満たしていくことが大事である。
それはつまり、「自分で自分を愛する」ということだと思う。


心に大きな穴を持った人にとって、
自分でその穴を満たしていくことが 大きな、とても大きな
一生付き合っていかねばならない課題かもしれない。




2015/9/7、2015/11/11、2015/11/21に
「愛すべきキャラ セイバー」に頂いた拍手コメント について、
同ページの一番下に返信しました。

2015/11/19「トップページ」に頂いた拍手コメント
について、同ページの一番下に返信しました。



「民主主義とは何なのか」(著:長谷川三千子 文春新書) を読んでいるのだが(2度目)、 人間というのは、集団になるとお互いに争うようになるのだとつくづく感じる。
相手への敵対心は、競争社会による刷り込みだと自分の中で考えていたが、 どうやらそれだけでなく本能的なものでもあるようだ。
集団の中の争いというのは、自身の経験からも何となく想像がつく。

そして、
日本人は昔からそのことに気づいていて、
だからこそ、聖徳太子は十七条の憲法で「和を以て貴しとなす」と言ったし、 相手に対する謙虚と礼儀を大切にしてきたのではないだろうか?謙虚と礼儀を人と和する手段として使ってきたのではないだろうか?
(もちろんそれだけでなく、美徳や思いやりという意味合いもあるだろうが)

つまり、
/祐屬箸聾澆い冒茲い魑こしやすいものである。
△世ら、互いに和を意識することが大切だ。
そのためには相手に謙虚と礼儀と思いやりを持つこと。
い修靴董謙虚と礼儀の心を育てるには「頭を下げる」ことが大事。
ということである。

最近は意識して頭を下げるようにしている。 相手への謙虚と礼儀を育てるために。




記憶力が落ちている気がする。
記憶力が落ちているというより、脳が「記憶しないモード」になっている気がする。

以前は読書の内容が頭に残ったのだが、 ここ最近は「この前の本で読んだあれ、なんだっけなー?」と思い出せない。


これは現代病なのではないか。


つまり、情報が高速で飛び交う現代社会で、必要な情報を分別するあまり、脳が「記憶省エネモード」になってしまったのでは、ということである。
本来、脳が記憶に割いていたパワーを情報の取捨選択に回すようになったということである。

そして、このモードには怖い点があると思う。それは、情報を際限なく求めるということ。つまり「情報中毒」である。情報を味わい楽しむのでなく、情報を得ること自体が目的になってしまう。


少しスピードをゆっくりしようと思う。
例えば、読書は何冊も同時に読まず、1ページ1ページを楽しむ。
動画はシークバーを転々とせず、今の映像、音楽を楽しむ。
一つ一つの情報を大切に扱う。



実は、生きてました。


全国4000万のde spiriarto & lucyファンの皆様、お久しぶりです。
管理人artoです。
死んだと思ったでしょ?実は生きていたんです。全然元気です。


「何故、1年以上サイトを更新しなかったか?」
⇒ やる気が出なかったから

「何故、このたびサイトを更新したのか?」
⇒ ふと更新しようと思ったから


正直、サイト更新の意欲がなくなり、「サイトをどうしようか?残そうか?閉じようか?」と悩んでいました。
しかし、人間いつ気分が変わるか分からないものですね。
サイトを残しておいて良かった、と今思いました。


まず、更新停止中にWeb拍手コメントをくれた方々。
全部見てました。かかさず見てました。ありがとうございます。
ただ、返信する気力が出なかったのです。
HPを開く気力が出なかったんです。 申し訳ないです。<(_ _)>
今後、拍手コメントをくれた各ページ下に返信しますので、しばらくお待ちください。



さて、久しぶりの更新。
とりあえず、1年前から変わったことを一つ書こうと思います。



オナ禁を始めました。


ひょんなことから、
オナ禁を始めたんです。



「オナ禁ってなあに?」という穢れなき紳士淑女の方がいるかもしれない。 正確に言うと「射精禁」です。

しかも、本日で242日目です。
もしかして、私はこれを自慢したいがためにHPを更新したのかもしれない。


オナ禁状態の管理人と当HPの方向性には密接な関係がある。
それは、管理人は射精とエロを絶っている=エロゲも受け付けない=エロゲ感想を書かない、ということである。

エロゲやエロゲの愛すべきキャラメインだった当サイト、今後は禁欲日記メインになるかもしれません。エロゲ→禁欲て(笑)。
このサイトはどうなるのだろうか?
どこへ向かうのか?そもそも今後、定期的に更新するのか?
いやー、未来は予測不能とはよくいったものですなー(笑)。



本日はエロゲの日。


不肖このarto、 先日予約した「ぼくの一人戦争」を買う為、仕事を休んで秋葉原に行ってきました!(こんなこと、周りの一般人に絶対公言できません 笑)

エロゲの日に秋葉原に行ったのは初めてです。
というより、エロゲの日なんてものがあることを最近知りました。


午前中から秋葉原はどこか賑やかな雰囲気。
ゲーム屋には私と同じ目的の方が沢山いました。
これがエロゲの日の秋葉原ですか・・・。

トレーダー⇒ソフマップ⇒メディオ⇒紙風船とエロゲの日の雰囲気をゆったり味わいながら、最後にトレーダー3号店で物を入手しようと考えていると、ソフマップの前でなんと!発売記念抽選会とやらをやっているではありませんか。


<ぼくの一人戦争 発売記念抽選会>
ぼくの一人戦争購入者を対象に抽選会を行います。
他店で購入しても参加可能。

A賞:犬塚るみ 特製の特大ポスター
B賞:犬塚るみ 特製色紙
残念賞:製作者寄せ書き入りA4イラスト



このポスターか色紙、どうしても欲しい!犯罪者になっても欲しい!


となりまして、予定を変更し、光の速さでトレーダー3号店でソフトを購入。光速を超えたタキオンの速さでソフマップへ戻り抽選に参加。

並んでいる間に何とか興奮を押さえ3分後、抽選の番が回ってきました。

抽選機械の前で一礼。
深呼吸をして精神を集中し、不浄なる左手を封印し、普段使わない右手に全神経を込めて、抽選機械を回した結果・・・、

僕の一人戦争


私の色紙がああぁぁーーーーー! (←はソフト。→は残念賞のイラスト)


色紙に外れたショックにより、そのまま悄然と家路についた、というお話です。こんな話、周りの一般人に絶対公言できま(ry。




いきなりですが、本日は2日前に購入したスピーカー「ONKYO GX-D90」の感想を書きます。結論から書くと、


1.ONKYO GX-D90が素晴らしい!
2.これまで使っていたOlasonic USBスピーカーTW-S7の良さをあらためて感じた!




TW-S7と比較して良いと感じた点。


・低音。TW-S7は低音が弱かったとあらためて。ズンドコ、ズンドコいってまして、音楽に厚みと重厚感が増し、品?が出た感があります。


・音の明瞭さ。一つ一つの音を紐に例えると、TW-S7では紐が何十にも絡まった状態でスピーカーから出る感じ。それに対して、GX-D90は絡まりが解かれた状態で一本一本の紐がはっきりと出る感じ。分かりずらいと思いますが、つまりは、一つ一つの音が明瞭になり、TW-S7では聞き取れなかった音が分かるようになった感じです。
(あくまでも上は例えで、TW-S7も悪くありません。比較してGX-D90の方が上手ということです)


・音の安定感。これは低音とスピーカーの大きさによるものかもしれません。TW-S7に比べて、どっしりとした横綱のような安定感があるというか何と言うか・・・。そう、無理なく余裕を持って音を出してる感じがあり、リラックスして聴けます。


・音のバランス。低音が出るからといって高音が出ていない訳でない。良く出ている。低音、高音、中音のバランスが非常に良く感じます。言うことなし!(TREBLEは15時方向に設定してる状態で)



TW-S7を10点とすると、ONKYO GX-D90は12点といったところ。


点数ではピンと来ないかもしれません。
例えば、TW-S7をヒャダルコとすれば、GX-D90はマヒャドまでいかないけどヒャダインはある。
例えば、TW-S7をスーパーサイヤ人1の悟空とすれば、GX-D90はスーパーサイヤ人3まではいかないがスーパーサイヤ人2はある。


派手な成長は遂げていないが、確実にランクアップをした感がございます。とても満足しており、もう10年はスピーカーを買うつもりありません。



そして、



ONKYO GX-D90と比較することで、TW-S7があらためて良いスピーカーだと再確認しました。そもそも、今回スピーカーを買ったのはTW-S7に不満があったからでなく、むしろTW-S7に満足した感情を持ちながら購入に踏み切ったものであり

(気が向いたら次回へ続く)




以前、気になるキャラにも書いたのですが。


2/27に発売される「ぼくの一人戦争」(あかべぇそふとつぅ)

『ぼくの一人戦争』を応援しています!


ヒロイン、犬塚るみのデザインが見れば見るほどツボでして。髪の色、瞳の色、髪飾り、純白の制服、エメラルドグリーンのリボン、日本刀が織り成す全体的なバランスが私のツボでして。エロゲショップ、雑誌の表紙で見るたびに「いいなぁ〜」と思っていました。



そして先日。店頭でたまたま早期予約キャンペーン第2弾を発見しまして。↓

僕の一人戦争


この色紙、欲しいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!

となり、本日、秋葉原トレーダーで予約してきました。



1998年にエロゲを始めて、今年でエロゲ歴9年。初めてエロゲを予約しました。普段は中古を買うので、新作を買うこと自体どれくらい振りだろうか・・・。帰りの階段で年甲斐もなくガッツポーズをしましたが何か問題でも? (9年なのは途中ブランクがある為)

(特典の色紙2枚。大満足!)
僕の一人戦争


ただ、左の色紙はともかく、右の色紙や特典のタペストリーを部屋に貼れるほど私は剛の者でないので、特典においては全てエッチでない絵でお願いしたかったというのが個人的意見。エッチでなくても十分魅力的な絵ですので。




謹賀新年


遅くなりましたが、
皆様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。




ちょくちょくプレイしていたシュタインズゲート、面白くなってきたーーーー!!
でも↑のシーンは無いわ(笑)。これが不慮の事故て(笑)。不慮の事故て(笑)



それはさておき。



今年は新年早々、目標とする漢字を決めました。


昨年はどんな年であったかを思い返すと、昨年は自分に良く負けた年だったな、と。スキルを向上するつもりが自分に負けて惰眠を貪る。身体を鍛えるつもりが自分に負けてお菓子を貪る。積みゲがあるのに自分に負けてエロゲを買ってしまう・・・etc。


なんとも自分に勝てない1年でした。今年はなんとしても自分の欲求を抑えるようにしたい。自分の欲望を抑えるようにしたい。自分自身に打ち勝てるようになりたい。アベベが「最強の敵は自分自身」と戒めたように、今年は私も次の漢字を心に留めるつもりです。





(今年の漢字)
「勃起心」


あ、間違えました。



(今年の漢字)
「克己心」


以上。




1/10にトップページ頂いた拍手コメント について、
このページの一番下に返信しました。



『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』“フルリメイク”の真相とは? http://www.famitsu.com/news/201412/29068836.html


期待30、不安70。





※このコメントは非公開設定です※

2014/7/11 nazさん


(twitterで返信させていただきましたがこちらでも)

nazさん、はじめまして。
管理人のartoと申します。

当サイトもジャングルの奥地、秘境のようなもので、ミジンコのような我がサイトを見つけていただいて本当に嬉しく思います。
レビューについては、全体の構成に何日もかけて人様が読みやすい文章を心掛ける、というのは一切なく、揺さぶられた心を瞬間保存するイメージで心掛けておりますので、思い入れが伝わってくれて良かったです。
女神転生的にコンゴトモヨロシクです。

2014/7/13 管理人




YU-NO、フルリメイクじゃなくてPCで遊べる復刻版にして欲しかったと思ったのは私だけでしょうか…?


2015/1/10 この前swansongの感想を書いた人 さん


この前swansongの感想を書いた人さん、いらっしゃいませ。
管理人artoです。


そうですねえ〜。そうなんですよねえ〜。
(縁側でお茶を飲みながらしみじみと)


約20年の時を経てこの大作をリメイクしよう、という製作者の意気込みは賞賛したい。ですが・・・うーむ・・・・・・、何とも形容しがたい心境であります。(笑)


私が心配な点の一つは、


 1.アイコンクリック方式がどうなるのか


いわゆる↓の虫眼鏡システムです。

el


先日、エルフの〔e'l〕をクリアして、「アイコンクリックを搭載してるゲームって良く考えると少ないな〜」などと考え、このシステムに思いを馳せたわけですが。


このアイコンシステムは、YU-NOと親和性が高いと感じてます。
YU-NOの魅力は、ユーザーがたくやを操作、あるいは、たくやになりきり並列世界を主体的に動くところ。
一般のRPGゲーム以上のRPG(ロールプレイングゲーム)であり、それを最大限に表現するのはアイコンクリック方式であると私は考えます。YU-NOのプロローグはEVE burst error等の移動方式、YU-NO本編はアイコンクリック方式という事実は、YU-NOの魅力を発揮するための菅野さんのこだわりではないでしょうか。


つまり、私が言いたいのは、


アイコンクリック方式残して欲しいなあ〜
でも現代風にするため、リメイクで無くなるんだろうなあ〜
そうなると、YU-NOの魅力が半減しちゃうんだろうなあ〜



ということです。
要するに、swansongさんと同じ「復刻版ならYU-NOの魅力を損なわない」という結論なわけですが(笑)。まあ一方で、アイコンクリックの場合、フラグ立てが難しい部分は少なからずあると思うので、その辺りは簡単に調整した上で残して欲しいと思います。またのお越しを。

2015/1/11 管理人




ここで言うべき事なのかはわかりませんが…ブラックサイク活動再開、ほんとに嬉しいですね!!


2015/11/19 この前swansongの(ry さん


この前swansongの(ryさん、こんばんは。
管理人artoです。
返信が大幅に遅れて申し訳ないです。<(_ _)>

これは本当にびっくりしました!
しかも新作がまさかの「EXTRAVAGANZA」の続編。
まさかの「EXTRAVAGANZA」。
まさかの「EXTRAVAGANZA」。(笑)
なぜか笑ってしまう自分がいる。

見てみたい気もするけど、 オナ禁、エロ禁している今の自分には、 EXTRAVAGANZAはあまりに強大すぎる・・・エロの面で(笑)。

2016/4/19 管理人


web拍手 by FC2  since_2010/04/05 Copyright (c) 2010 - 2013 arto-lucy.net All Rights Reserved. レイアウトVer3.0(2013年5月より使用)
・心揺さぶられるDIARY  ・紡いだゲーム感想  ・ゲーム音楽への想い  ・愛すべきゲームキャラ達  ・親子問題の軌跡  ・オナ禁の軌跡  ・トップページ