de spiriarto & lucy (日記、ゲーム感想の個人サイト)    現在位置: トップページゲームレビュー(一般)逆転裁判2

【ゲーム感想】
 逆転裁判2
 (逆転裁判123 成歩堂セレクション) (PS4)







こんにちは、
管理人のartoです。


逆転裁判2を最後までクリアしました!

逆転裁判2


第4話、裁判長からの
最終質問は苦戦しましたね〜。
20回くらいリトライしました。


↓↓何度ゲームオーバーになったことか↓↓ 逆転裁判2 逆転裁判2

逆転裁判2


逆転裁判2



逆転裁判2の全体を振り返ると、


・そこそこ
・良作と凡作の間
・あと一歩欲しい




そんな印象でしょうか。
プレイし始めてから、
途中、2〜3ヶ月くらい
停滞期間がありました。
(他のゲームと並行というのもありますが)
第3話に入ってから
面白くなって進行が早くなった感があります。




■逆転裁判2の気になる所


これはあくまで個人的好みの話。
逆転裁判1からそうなのですが、



キャラの個性が強すぎる



キャラが立ちすぎている




なんていうのか、



キャラが脂っこ過ぎる



といえばいいのか(笑)


逆転裁判2


逆転裁判シリーズというのは、
難易度や攻略、お話の進行を見ると、
(小学生など)低年齢層
を含むプレイヤーを意識して
製作者が創っているように感じます。



キャラの個性も、
そのような層をターゲットとして
楽しませるために入れたのかもしれません。



おバカなキャラ、変な顔芸は
瞬間、瞬間は楽しいのですが、
それがメインになって、というか、
そちら方面が強すぎて、
お話や推理攻略が少々ぼやけた感覚
を受けました。



「パッと見、キャッチー!」
「つかみはオッケー!」

的な面もあってはいいのですけど、
個人的には、



お話、推理、事件を主に練りこむ   >>> そのお話を引き立たせるキャラクターたち




という全体像、バランス具合が好みだな〜と感じました。


↓↓キャラ付けの楽しさもアリとは思うんですがね↓↓ 逆転裁判2




■システム、進行面


ゲームの流れは、
逆転裁判1と同じで、


|議絅僉璽
= 従来のコマンド式推理ADVのように、「移動」「調べる」などで主人公を操作して、証言を聞いたり証拠品を集める


逆転裁判2



     ↓
     ↓



∨…逎僉璽
= 証人と検事との法廷バトル。矛盾した発言に証拠を「つきつける」。


逆転裁判2

逆転裁判2 逆転裁判2


 ↓△魴り返して進めていくもの。
「ダンガンロンパ」とほぼ同じ。
(逆転裁判が先だと思います)



2から新たに登場したシステム
「サイコロック」


逆転裁判2

逆転裁判2


人物が隠したがっている内容を、
発言に矛盾を「つきつける」ことで、
ウソを暴き出し証拠を得る、というもので、
これは良かったですね〜!



ちょっとしたミニ法廷バトルのような感じで、
・探偵パートの一アクセント
・攻略的要素の追加
・ロックを解除した時の爽快感

の面がありました。



■お気に入りのBGM


一つ目は、
1のレビュー時にも書いた
「捜査・核心」。


各話の中盤、核心に迫る場面でかかる曲で、
お話のミステリーさと
プレイヤーに緊迫感を与えてくれる曲。
いかにも推理ゲームライクな曲で好きです!
ファミコンに近いシンプルな音源もいいですね!




二つ目は、
「捜査〜中盤 2002」。
個人的に王都楼の曲。


これまで登場した逆転裁判2の曲と比べると、
こんないぶし銀的カッコよさの曲は
ちょっと異質に感じました。
出だしの低音が気持ちよくて
いつの間にか耳に残る。
この曲には惹かれたな〜。






■総評として


総合評価: B+(68)


最終的な評価レベルは
逆転裁判1と同じですね。
そこそこ楽しんだ、という感じです。



お話、推理、トリックに関しては、
もう少しひねりがあってもよかったかな〜と。




逆転裁判2をオススメしたい方としては、



・逆転裁判1をプレイした方
・お手軽、ライトな推理ゲームを楽しみたい方
・お笑い、コメディーチックな要素が好きな方




振り返ってみれば、
ホントに多彩なおバカなキャラ達に
楽しませてもらいましたよ。(笑)

逆転裁判2

逆転裁判2

逆転裁判2


癖の強いキャラ達は、
上に書いた通り、
一面から見れば「ウィークポイント」になりますが、別の面から見れば、逆転裁判2の「善い点」とも言える。
それを付け加えておきます。




あと、
エンディングはなかなか良かったですね。



このしんみりした感じは、そう
ドリキャス作品の「デスピリア」(アトラス)
に似ていて、イイ!!
(判る方がどれくらいいるのか 笑)

逆転裁判2


以上、
逆転裁判2のクリア後レビューは終了ですが、
逆転裁判3も続けてプレイしたい気持ちはあります!
狩魔冥が持っていった
「四つ目の遺品」も気になりますし、
綾里キミ子さんの思惑の続きも気になります。





最後に、
今回も 「ゲームという存在」にありがとうございました。
楽しませてくれ、そして
レビューを書かせてくれてありがとう!

どんなゲームも、自分にとって
「愛すべき存在」であることを伝えておきます。




ではでは、また次のゲームで!


Fin  by arto



逆転裁判2



>目次へ
>ゲームレビュー(一般)へ




(C)CAPCOM All Rights Reserved.



2023
1/4

「逆転裁判2 (逆転裁判123 成歩堂セレクション)」(PS4) その4

逆転裁判2







※このプレイ中レビューには、逆転裁判2のネタバレが含まれています。未プレイの方はご注意してください。







第3話が終わり、
ラスト、期待の第4話へ。




第1回法廷後編まで
終わった段階だと、




・・・・・・




・・・・・・




うーん、そこまでって感じかな〜。





そこから第2回探偵後編へ。




探偵編の攻略が難しい、
というより、
王都楼のサイコロックが難しく、
何度も解除失敗に終わりました。。。



ここから↓、

逆転裁判2


     ↓
     ↓


逆転裁判2


     ↓
     ↓


逆転裁判2


     ↓
     ↓


逆転裁判2


     ↓
     ↓


逆転裁判2



ここまでは順調に判ったのだけど、
次の一個が当てられない・・・。
中々判りませんでした。


↓↓最後の答えはカード↓↓
逆転裁判2


まあ、当てた後は
「たしかにコレだよな」
というモノであったのですが。


そして、
すべて解除した後に
出てきたモノが、


     ↓
     ↓


逆転裁判2 逆転裁判2
逆転裁判2


諸悪の総権化のような輩で、たまげたなぁ〜(笑)



今回は、
被告人 
=真犯人=ほんとは有罪

というのが判っている初めてのパターンで、



A) こんな奴、無罪にする訳にいかない!
       |
       |
B) しかし、無罪にしなければ人質の真宵が殺される!




という、アツイ展開になってきました!
弁護士・成歩堂の正義は、
一体、どういう決着をつけるのか?
乞うご期待です!



>全クリア後レビュー (2023/1/7)へ
>目次へ




2022
12/31

「逆転裁判2 (逆転裁判123 成歩堂セレクション)」(PS4) その3

逆転裁判2







※このプレイ中レビューには、逆転裁判2のネタバレが含まれています。未プレイの方はご注意してください。







みなさん、こんばんは。
管理人のartoです。



今日は2022年の最後の日、大晦日。
今日は今年1年を振り返ったり、
大切な家族とまったり過ごしたり
どことなく特別な日。
私は逆転裁判2の第3話をクリアーしました。
ええ、ええ、ほんとに特別な日です、ええー。



先日、久久に秋葉原のゲームショップへ
行ったら、

逆転裁判2


EVEの続編がまさか発売されていて
ビックリしましたよ!

そのうち買わねば!



それはともかく・・・。



逆転裁判2の第3話。
結構面白かったです。

逆転裁判2


これまで自分の中で
逆転裁判株はまあ低い方だったのですけど、
今、少しずつ上がってきております。


第二回法廷がかなり難しくて、
何度もgame overになりましたよ・・・/(^o^)\


↓↓この辺はgame overだらけで、もう最後はほとんど総当りでした・・・↓↓
逆転裁判2 逆転裁判2
逆転裁判2


いやーしかし、


あの殺害トリック、というか
ことの顛末は
「さすがに無茶がある」
プレイした多くがそう思ったのでは?(笑)

↓↓胸像にマント、かかるかなぁ〜? 笑↓↓
逆転裁判2


とにかく、
御剣もようやくリバイバルしてきて、
楽しい、ワクワクした気持ちを持った状態で
第4話に望むところであります。
ではまた!(・ω・)ノ

逆転裁判2




12/29

「逆転裁判2 (逆転裁判123 成歩堂セレクション)」(PS4) その2

逆転裁判2






※このプレイ中レビューには、逆転裁判2のネタバレがびみょーに含まれています。未プレイの方はご注意してください。






第3話 第二回法廷前まで。



第1話、2話と
しれーーっと終わらせてきましたが、
この逆転裁判というゲームは、
テンポよく進むせいか、
レビューがどことなく書きづらい。



というより、
低い年齢でも解りやすく作っているためか、
謎に対する答えがすぐに判ってしまうのと、意表をついた事件やトリックがないというので、私のハートに響かなかったからかもしれません。




「まーた、変なキャラが出てきたよ・・・
脂っこいなぁ〜・・・」



なんて少し呆れ気味にプレイしてたのが、




第3話のここにきて
急におもしろくなってきた。
夢中になって進めてしまった・・・。


逆転裁判2

逆転裁判2

逆転裁判2


     ↓
     ↓


逆転裁判2

逆転裁判2

逆転裁判2


     ↓
     ↓


逆転裁判2

逆転裁判2


犯人は空を飛んで消えた・・・!?
すべての原因らしき
半年前に起こった事故・・・。



なんか、
一癖二癖あるバカバカしいキャラと、
深刻な事件背景とのギャップに
私がやられてしまったのかも(笑)。
また報告します。

逆転裁判2



8/1

プレイ中ゲーム進捗


逆転裁判(PS4)
 ⇒ 第2話プレイ中


「第1回法廷前編」「後編」を終えたのですが、
むずっ!!(笑)


何度かGame Over。
半分くらい当てずっぽうでしのいだわ(笑)

ゲーム



7/2


こんにちは、管理人です。


今日もかなり暑いですねー。
午前中に新宿まで行ってきましたが、
20分、駅まで歩いた時の日差しがキツかったですね。(*・ω・;) アツイ!



この暑さでは、
ゲームのやる気が湧かない人もいるでしょう。


ゲームレビューなんて
見る気の起きない人もいるでしょう。



わかります、その気持ち。
そんな方は何もせず、ただただ休みましょう!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



昨日、逆転裁判2の第2話を開始しました。


逆転裁判2


逆転裁判2



霧崎外科病院で医療ミス
14名死亡!


看護師の投与ミスによる


「私は事故で死んだんじゃない・・・
クスリで事故に見せかけられて死んだのよ・・・」




と、開幕から謎が散りばめられる展開で、
「なんか面白そうな話!」と思いました。



今回は、第一回法廷前までスムーズに進んで、
書きたいことはあまりないのですが。



第2話に初めて出てきた「サイコ・ロック」。

逆転裁判2


相手が心に隠していることを、
矛盾を突きつけて白状させるシステムで
今後も期待です。



というより、↑の絵面、なんか怖くないですか?(笑)



あと、事件の推理ひとつ。


‖侈未隆屬離ギは一つのみ
 = たしか真宵か、霧崎が持っていってカギをかけた?


⊇得爾了、修験者の間に居たのは
 ナルホド、ナツミ、キミコ。3人は犯人でない。


しかし、対面の間のカギスペアを
 春美ちゃんから渡される。




安直に考えれば、
 のどか
が犯人かな〜〜〜?動機の面も○だし。



ただ、キミコさんの本家に対する動機も気になる。
では次回へ。




(C)CAPCOM All Rights Reserved.



逆転裁判2



こんにちは、
管理人のarto@井口です。



昨日、「逆転裁判123 成歩堂セレクション」内の「逆転裁判1」をクリアしまして。
本日、逆転裁判2を開始しました。
この進度が、管理人の逆転裁判に対する関心度合いを表しています。



そして突然ですが、第1話が終わりました。

逆転裁判2


まあ、この1話は
成歩堂を記憶喪失にして、
1をプレイした方、逆転裁判初めての方、
両方にシステムを学ばせる「チュートリアル」的立ち位置だと思います。



ですので、書くようなトピックはあまりありません。
法廷記録、ゆさぶる、つきつける等、
システムは前作をほぼ踏襲。
「人物をつきつける」は新規というところでしょうか。

逆転裁判2



そんな軽いジャブの1話でも、



マコちゃんの勢いのよい敬礼に笑ったり、

逆転裁判2



逆裁特有、おかしな証人の↓、

逆転裁判2



豊かな顔芸には、

逆転裁判2



楽しませてもらいました!
むしろ、顔芸に気を取られ、話に疎かになる場面も。(笑)


第2話以降も、期待しています!(顔芸に)



>プレイ中レビュー (2022/7/2〜2023/1/4)へ
>目次へ




(C)CAPCOM All Rights Reserved.


banner

コメントはこちらから= web拍手 by FC2  Copyright (c) 2010 - 2022 www.arto-lucy.net All Rights Reserved. レイアウトVer3.0
・ゲームの感想(一般)    ・日記    ・ゲームの感想(ノベルゲーム)    ・好きな唄、BGM    ・トップページ