de spiriarto & lucy (ゲーム系個人サイト)    現在位置: トップページゲームレビュー(一般)東京サイコデミック

【ゲームレビュー】
 東京サイコデミック 〜公安調査庁特別事象科学情報分析室 特殊捜査事件簿〜
(PS4)






    ブランド: グラビティゲームアライズ
    発売日: 2024年5月30日 (PS4版)
    美術: 阿形朋夜
    シナリオ: 今井秋芳



web拍手 by FC2






いくつかのゲームを同時並行、その時の気分でソフトを選ぶ管理人です。
今回は東京サイコ。
前回は「Case1 人体自然発火事件」の途中まででした。


(7/19と本日、レビューに拍手を押していただいた方、いつもありがとう!見てもらえることが励みになります!)



東京サイコデミック


被害者は倉木義一 (くらき ぎいち)、
三洸製薬の社員で前回、この人物が燃えた原因=タバコであると目星をつけたところ。
次に、新宿に設置されている監視カメラのデータを分析し被害者の足取りを追います。(実写動画の分析)


東京サイコデミック 東京サイコデミック
東京サイコデミック


監視カメラにハッキングし、即座にデータを提供してくれるダークウェブのMechanicさん、優秀すぎる・・・。


それはともかく。
交差点Aのカメラの分析・顔を照合→左に曲がったので次の交差点Bのカメラ分析→次の交差点C→D地点の入った可能性のある施設のカメラ分析
動画データが思ったより多く、意外と面倒な作業です。。。


東京サイコデミック 東京サイコデミック


分析を進めて、被害者が薬局でエタノールを買ったことが判明。
その情報をもって、翌日、府中刑務所に収監されている岩井探偵事務所の所長・岩井賢二に助言を聞きにいきます。


気になる点として、「物証や機材を自由に選択できないところ」があります。
(紅葉に次の行動を促されてそれしか選択できない感じ。1話目でチュートリアル的だからかな?)


     ↓
     ↓


府中刑務所


東京サイコデミック


初めて登場した主人公達の上司、岩井。
ここで人間関係を少し書いておくと、


・山野井和重

異能力者たちが在籍する『異能教団』の教祖。
なんらかの実験や計画をしている。
教団は岩井によって潰れたらしい。
現在、行方不明。


・岩井賢二

岩井探偵事務所の所長。
山野井を追って『異能教団』を潰した。
しかし岩井も無事で済まず冤罪で捕まった。


・紅葉巴杏 (あきば ともな)と主人公

岩井探偵事務所が解体された後、
東京で起こる不可解な事件を秘密裏で調査する。


物語の背景に「岩井と教団の因縁」があり、
「岩井に代わって山野井を追いつめる」というのが主人公と紅葉の大目的のようです。


上のセリフから察すると、
岩井はかなりストイックな探偵のようですね。


     ↓
     ↓


事務所


事務所に戻り、
今度は被害者の性格や動機を分析するために
供述調書を読むことに。


<新たなシステム6:注視モード>


東京サイコデミック 東京サイコデミック
東京サイコデミック


エビデンスボードより被害者の同僚などの調書を読めるのだが、 そこで○ボタンを押して注視モードにすると、
カーソルポインタが目マークに変わります。


そのカーソルで文章上を動かすと、
重要キーワードのところでピンク色に変わります。
重要キーワードをどんどん調べていくことで、そのキーワードに関する情報を得ていくモードです。


要するに、文章を読む+αといったモードで 大したシステムではないのですけど、
キーワードを発見・選択した時の「ピコーン」という音が思いのほか心地よく、私はこういうの嫌いじゃないです。


東京サイコデミック


で、色々調べていき、
被害者がアルコール中毒でかつ、脂肪酸代謝異常 (アセトン異常)であることが判りました。


今回の事件の全体図が判明してきたので、
調査を依頼してきた元公安の金髪女性、杵島さん (CV:沢城みゆき)に報告書を作成します。


     ↓
     ↓


東京サイコデミック


その前に・・・


動画分析、調書読み、と
あまりに根をつめて真面目にお仕事してましたので、 被害者の美人同僚の拡大写真を画像解析に映して癒されます。
ペロペロ、ブヒィーーーー!!


     ↓
     ↓


<新たなシステム7:報告書作成>

東京サイコデミック 東京サイコデミック
東京サイコデミック


準備が整い「報告書作成」ボタンを押すと、
アイキャッチと軽いOPのような演出が流れ、
「報告書作成」のテロップがバァーーン!と。


なんとスタイリッシュな報告書作成なんだ!
なんという世界の命運を賭けた報告書作成っ!



(注:やってることはじみぃーな書類作成です 笑)


システムとしては、報告書に沿って 自身の推理と正しい物証を選んでいく形式。まさに各話のまとめ。
『ダンガンロンパ』シリーズのクライマックス推理の書類バージョンといえば伝わるでしょうか?


東京サイコデミック


この報告書によって、
警察の方から今回の事件内容がマスコミに流され
ニュース報道されて今回は終了です。
いちいち実写のニュースが入るなど手が込んでます。


東京サイコデミック
東京サイコデミック


最後に謎の男たちの会話が・・・。


今回の倉木、事故にみせかけて実はKillされたってこと!?
そして
「新しい時代の支配者が誰になるのか」
と非常に意味深なことを言います。


     ↓
     ↓


東京サイコデミック


今作は1話ごとに唄付きEDが流れるタイプのようですね。
全体的にスタイリッシュな美的センスを感じます。
製作者が気になったので調べたら『今井秋芳』さんなんですね!
言われればたしかに『九龍妖魔學園紀』のスタイリッシュさに似てますし、1話ごとのEDも同じですね。納得です。
今回は1話終了後にセーブ。



今回の感想


・お話は次が気になる

・システムについても2話以降どうなるか気になる
(1話が多少チュートリアル的だったので)

・上に書いたように所々に美的センスを感じる

・主人公たちが実際やっていることはかなり地味であるww
(日の入らない暗い部屋で、動画をチェックして書類を読んで...)



結構好みが分かれる作品かもしれません。ではまた。



>目次へ
>ゲームレビュー(一般)へ
>トップページへ




(c) GRAVITY GAME ARISE Co., Ltd.




これを書き始めるは2024年の6月18日。
「管理人のつぶやき」の6/15に書いた通り、
気になっていた最新作『東京サイコデミック』を買ってきまして。
『未然探偵』の方をクリアしたので、早速手をつけた次第。
プレイ時間1時間10分で書きたい気分になったので、ファーストインプレッションを書きます。


てか、FF5進行中レビューもあり、未然探偵のクリア後レビューもありで、
書くこと、多っ!なんでこんなに書くものがあるんや!オレが何か悪いことをしたんか!ヽ(`Д´)ノ (←別に無理して書かなくても良くてよ)



と、文句たらたらのブラック管理人は置いといてレビューいきます。



■ファーストインプレッション

プレイしたのは申した通り、たかだか1時間10分。
「CASE1 人体自然発火事件」の初セーブできるところまで。
その中で「よく創られてるな〜」と感心、心揺さぶられる点がグラフィック、システムにありました。


<グラフィック面>

・Live2Dを使った立ち絵

東京サイコデミック


私はADVゲームの立ち絵には結構うるさい方でして。
エロゲをモリモリやっていた頃には、
「全エロゲは立ち絵に目パチ口パクを搭載すべし!」
なんて息巻いてた時期があるほどで、
ADVの立ち絵の感じはかなり気になる方です。


東京サイコデミックをプレイして、
まずキャラの立ち絵には驚きました。
「おっ!」ってなりました。

目パチ口パクはもちろん搭載ですが、2D立ち絵がヌルッと動くんです。腕を組んだり、ポーズを取ったり。


いやこれはねぇ〜。
PS2の『EVE burst error』にあった
「C-motion」の5歩先、エロゲにあった「E-mote」の2歩先は行ってる。
「ADVの立ち絵もここまで進化したか・・・」と。


これが「Live2D」という技術なんですかね、すごいですね。
『デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王』のキャラ表示は3Dでヌルヌル動きますが、それを2Dでやってる感じ。


あまり詳しくないけど、switchの『ファミコン探偵クラブ』。あれも動画で少し見ると立ち絵が良く動き、Live2Dっぽいですよね。
ただ、2D立ち絵をこれだけ動かすのは、創り込みが大変そうだな〜と。


・実写を使った背景

東京サイコデミック


今作は背景だけでなく、途中パートの説明シーンやら、監視カメラの映像やら、実写が用いられていて、
そのゲーム体系を『2D×実写表現 (シネマティック)』と名づけているようです。
背景画も実写が用いられています。
(もしかしたら一部分かも?)
アニメ調の立ち絵、濃い目の色合いと、淡い実写背景がうまくマッチしてる感じ。中々良いと感じてます。



<システム面>

今作はある事務所で未解決事件に関する科学調査を行い、
事件の真相を見つけていくお話のようです。


今回はその事務所内のシステムについて。
まだチュートリアル的で、
自由な操作は出来なかったのですが、
システムが多岐に渡っていてそれに驚きました。

1.ドア

事務所のドアの外に、運び屋から事件の物証が届けられる。それを取るための行動。ドアを開けるだけなのでシステムと言えるかは微妙ですが、 事務所内は3D自分視点で移動、選択が出来ます。UIは『ペルソナ5』風。また、どことなく『シルバー事件』『Killer7』のようなお洒落感を感じるのは私だけでしょうか?



2.画像解析

事務所の『デスク』を選択してから、機材を操作し事件で撮られた写真データを解析するシステム。初めの事件から画像グロッ!それは置いといて。拡大、縮小操作がありますが、感覚としては「選択範囲が決まっているマウスポインターADV」(例えばPS4版YU-NO)と言えば伝わりますでしょうか。





3.動画解析

2と同じく、事務所デスクで事件現場の監視カメラデータを調査するシステム。私の第一印象は「『逆転裁判1 蘇る逆転』での監視カメラの映像調査を実写に変えたモード」。巻き戻し、早送り、コマ送りなど可。しかし実写で役者さんがやってると思うと、製作に手間かかってますよね。



4.ダークウェブ

事務所デスクのPCから使用できます。 何かというと、「あなたと調査に協力してくれる仲間たちだけがアクセス出来るネット上の秘密の隠れ家」とのことです。犯罪、オカルト、様々な専門家がいるらしく、情報やデータを貰えたり、話し合うことができます。仲間の立ち絵もきちんと口パクで動くので手が込んでます。




そして最後に、


5.エビデンスボード

東京サイコデミック 東京サイコデミック
東京サイコデミック


事件の全情報が貼り付けられ、全体像が解るボードです。
まだほとんど使えてないので詳細は解りませんが、 解析した一部の証拠をプレーヤーが貼り付けていく感じかな?


↑の説明にあるように貼った物証が間違いの場合、 真相から遠ざかることもあるらしいです。
こういったボードがあると、物証を貼る楽しさとともに プレーヤーが事件全容を把握し易くなり良いと思います。


その他、室内のネコに餌をやる『ネコ缶』、
ゲーム中のBGMを視聴できるモノといった遊び心もありました。(3Dのネコも可愛いし)




以上、まとめを一言で書くと、



ファーストインプレッションの感想

システムが結構創りこまれている、新感覚なゲーム!


システムの型はよく創られている。 あとは、このシステムが活きるのか?
システムを活かすだけの 事件、ボリューム、お話はあるのか?
あるいは、型だけよくて中身が無い結果になってしまうのか? そこを頭の片隅に入れて プレイを進めて行きたいと思います!
管理人の心が、ハートが揺さぶられた時にまた追記いたします。ではでは!


Fin





<6/19追記>

ネタバレ防止の為、クリア前に他の方のレビューを極力見ない方針なのだけれど、
たまたま発見した公式HPのページ。


【2024/06/11 更新】今後の改修・改善につきまして

東京サイコデミック





・・・・・・





・・・・・・





ファーストインプレッションは上々だった。





だが・・・





私はまたもや、過ちを犯してしまったのだろうか・・・?


『すだまリレイシヨン』の悪夢が私に蘇る・・・




>#2 暗躍する謎の人物 (2024/7/22)へ
>目次へ
>ゲームレビュー(一般)へ
>トップページへ




(c) GRAVITY GAME ARISE Co., Ltd.


banner

 Copyright (c) 2010 - 2024 www.arto-lucy.net All Rights Reserved. レイアウトVer5.0 コメントはこちらから= web拍手 by FC2
・ゲームレビュー(一般)    ・ゲームレビュー(ノベル)    ・ゲーム音楽    ・ゲームキャラ    ・トップページ