de spiriarto & lucy (ゲーム系個人サイト)    現在位置: トップページゲームレビュー(一般)未然探偵

【ゲームレビュー】
 未然探偵 The Protea Cases
(PS4)





A-(72)

    ブランド: ORANGE
    発売日: 2022年10月13日 (PS4版)
    美術: 漣ミサ
    シナリオ: 金子みつえ



web拍手 by FC2






Q.自分が「偉大」だと思う人はどんな人か?


A.ぱっと思いつくのは
「何かを一途に継続してる人」


例えば、サッカーのカズとか。


例えば、愛する異性を長く一途に愛する人物とか。


あっ!ここに個人サイトを14年継続してる人物 (私)が居るじゃん!
なーんだ!偉大な人物、ココに居るじゃん!




さてみなさん、こんにちは。
偉大なる管理人のartoです。
皆の者、我を崇めよ。
と、冒頭に軽いジャブをくりだしたところで
今回クリア後レビューを書くのは、
『未然探偵 The Protea Cases』(PS4) です。

未然探偵 The Protea Cases


今作品は先月、『イヌワシ 〜うらぶれ探偵とお嬢様刑事の池袋事件ファイル〜』をクリアしてから、
「このORANGEというゲーム会社は中々頑張っているな、こんなゲーム会社もあるもんだな」と興味が湧いて、
応援の意味も込めて、すぐに購入したソフトです。


今作を知っている人の方が少ないと思います。軽く説明を。
ジャンルは推理ADV。
公式では「ロマンティック・ミステリー」となっています。
まるで『ドラゴンボール』のED曲のような公式ジャンルで、 『ゴシックマーダー』『少女首領の推理領域 黄金島の密約』に続く第3弾とのこと。
開発は 株式会社オレンジ。
私が好む『探偵 神宮寺三郎シリーズ』を手掛けてきたスタッフが 少数精鋭で運営している会社です。




まず、未然探偵を振り返って思う一言。


「シナリオ、グラフィック、BGM、全体的によく出来た推理ADV。これで1320円は安いよな〜」


それではレビューにいきます。



『未然探偵の全クリア後レビュー』


未然探偵 The Protea Cases



■ストーリー

概要
「舞台は2023年の新宿。 かつて誘拐されたトラウマから自分に自信が持てず、今一つ役に立てない日々を送る主人公・伊月千春。 そんなある日、探偵事務所の仕事で失踪人を捜していると、謎のアプリ『プロテア』を偶然、手に入れる。 それは警視庁によって開発され、今は新宿区で実験が行われている犯罪予測AIだった。 プロテアの予測に導かれて、千春は様々な事件に遭遇する。 そして、千春に協力を求めてくる刑事、事件現場になぜか現れる謎の少年などと出会うことになるのだった。 未然に事件を防ぐため、彼らと共に奔走する日々が始まる……!」(HPより)



時代設定は2023年。
発売当時からすれば近未来。今からすれば1年前。
舞台は新宿。中央公園や歌舞伎町のあたり。
いいですね〜。都内に住む私にとっては時間、場所と親近感が持てます。


そして今作は、タイトル画を見れば判る通り、珍しい女主人公ちゃん!
(私からすると珍しいですが、今はそんなに珍しくないかな?)


主要キャラをHPから引用で紹介しますと、
(色つきは管理人追記)


1.伊月千春 (いづきちはる)

未然探偵 The Protea Cases


主人公。探偵見習い。
今ひとつ約に立てない自分に悩んでいた。
ある日、プロテアを手に入れる。
外見は可愛いが、どことなく個性少なめな女の子。
おっちょこちょいで、何もない道端で転ぶイメージ。
性格は優しく、善人か悪人かで言えば大幅に善人グループ。
まるでお手本のような「あわあわ・・・」的表情、口 (↑)。



2.天野夏樹 (あまのなつき)

未然探偵 The Protea Cases


新宿中央署刑事課のエース。
プロテアの開発担当者だった兄を1ヶ月前に殺されている。
正義感が強く、明るい青年。
いかにも少女マンガのメインヒーロー然とした男性。
第一感は「こんな襟を開けた刑事部長いねーよww」。
しかし性格がよく、管理人の印象も右肩上がり。
キャーー、天野さーーん!



3.高瀬秋彦 (たかせあきひこ)

未然探偵 The Protea Cases


高瀬探偵事務所の所長で、
主人公の上司。元刑事でもある。
冷静沈着だが、時折、熱い一面も見せる。
性格は厳しい、クール、冷たい印象。
だが、奥には優しさや千春を大切に想う一面がある。
あそこまで意地悪でないと思うが、
マンガ『イタズラなKISS』の入江に近いタイプで
こういう方面が好きな女性は意外といそう。
天野が金なら、所長はいぶし銀。
天野さんとどちらを選ぶか?私としても、正直、甲乙つけがたい・・・。




4.八神冬真 (やがみとうま)

未然探偵 The Protea Cases


プロテアを手に入れた主人公の前に
たびたび現れる謎の人物。
主人公に接触を図ってくるが、その真意は・・・?
メイン、ライバルの二人の影で印象の薄い19歳。
しかし、二人の間を取り持つバランス役として
必要な存在だったと思う。
その方面にあまり詳しくないが、
いわゆる「かませ犬キャラ」とも言えるのだろうか?
若さゆえか、天野、高瀬にずうずうしく
物怖じしない態度がGOODだった。



このように、キャラ設定からして、
神宮寺的な探偵、刑事モノというより、
『ふしぎ遊戯』の鬼宿、星宿的な、「乙女ゲー的推理ADV」
であることをまず説明しておきます。



次にお話について。
ファーストインプレッションは、
「つかみは中々いいな」。


ある失踪事件の調査から始まり
   ↓
依頼人の部屋を調査して、依頼人に失望される
   ↓
その調査で偶然見つけた
『プロテア』というアプリ。
殺害予測が流れてくるという。



序盤の流れが、
プレーヤーの興味を無理なく高める感じがあって良かったです。

未然探偵 The Protea Cases


中盤からはプロテアを共通項として、
先ほどの


1.吉野由衣失踪事件

2.一月前の天野春樹 (天野さんの兄)殺害事件


がメインとなり、
その後、『7年前の千春監禁事件』に繋がっていく流れになってまして、


複数の事件の謎が絡み合い、
徐々に明らかになっていく様が面白い。

構成と展開がかなり丁寧に創られていて、
シナリオ・金子みつえさんの手腕が存分に出ておりました。GOOD!(* ̄∀ ̄*)


↓↓いつものゲームプレイメモ。中盤から複雑になってきて関係を整理している図↓↓
未然探偵 The Protea Cases


ただ、ラスト付近の展開は、
ネタバレになるので控えめに書きますが、
相馬副社長と北条専務と千春のQuestionとか、
倉庫のあたりとか、
少々こじんまりとしたというか、
もう一歩伸びが悪かったというか、
あと少し盛り上がりが欲しかった気がしました。


あと1つ。
こちらもラスト、ネタバレなので伏せ気味。
天野さんのとある爆弾のシーン。
これは・・・、これが木に当たるのは・・・、


↓↓ネタバレ防止の為、モザイクにしておきます↓↓
未然探偵 The Protea Cases



結構な奇跡なのでは・・・?


『ふしぎの海のナディア』21話で、サンソンが空中戦艦の爆弾に射撃で当てたシーンと同じくらい奇跡なのでは?



そう思った。( ・ω・)


未然探偵 The Protea Cases



ストーリー分岐については、
従来の「選択肢を選んで進めていくテキストADV」と同じく、
途中の選択肢 (おそらく「Seleciton」と出る選択肢)の如何によって、 EDが天野ルート、所長ルート、冬真ルートに分岐すると思われます。クリア後のギャラリーを見て推測していますが、おそらくEDだけ変わる、それまでの内容はほぼ一本道と思われます。
私ですか? もちろん天野ルートでクリアしました。キャー、天野さーん!


■システム

今作のシステムは上に書いた通り、 従来の「選択肢を選んで進めていくテキストADV」。
それに加えて「捜査パート、推理パートがある」形式。 『天ノ少女』とほぼ同じ。
現存する推理ADVの基本的形式と言えると思います。


「選択肢」以外のシステムを説明しますと、


【SEARCH MODE】(以下、勝手に名称)

失踪者の部屋、事件現場などをカーソルで選択して調べるモード。『さんまの名探偵』の頃からあるアレです。 今作の場合、マウスカーソルを自由に動かしてでなく、決まっているポインタから選ぶ形式です。

オレンジさんの今作より前の作品で先日クリアした『イヌワシ』にも捜査パートがありましたが、あちらよりだいぶよく創られているというのが最初の印象。 例えば、ベッドを調べた後に「ベッドのどこを調べる?」というように、調べる箇所が段階的に加えられていたりしますし、 左側で見つけた紙と右で見つけた紙を掛け合わせて答えを出す、という軽〜い謎解き要素もあります。 また、静止画ですが監視カメラの映像を検証する部分もあったりで、個人的「推理ゲーム」の最低水準はクリアしてました。○。


↓軽い暗号解読などもアリ 東京サイコデミック
↓中々よく創られている印象 東京サイコデミック



【QUESTION MODE】

容疑者などに真相を突きつけて追いつめるモード。 「Question」となっていますが、上にライフポイントがあり、少し可愛くした『逆転裁判』『ダンガンロンパ』的バトルの趣があります。ただ、時間制限などなく、3〜4択から選ぶ程度のもので難易度は易しめ。相手が観念し終了した時に降ってくる天使の羽みたいな演出を見ても、今作は全体的に女性的、可愛らしさを意識して創られているようです。




【その他】

その他、細かい点としては、 説明がかなりシンプルではありますが、 アイテムや人物の情報が逐一更新されるようになっており、 プレーヤーとして情報を把握するのに良かった。 ちょっとした探偵手帳という感じ。 あと、マップ移動画面あり。「Converse」というLine的チャット画面あり (最近のゲームはこういうチャット画面多い気)。ちょっとしたギミック程度ですが、 「調査している」「チームでやりとりしてる」臨場感の面で一役買っていました。


  未然探偵
↓天野さんのスタンプが可愛い件 笑 未然探偵



■グラフィック

今作の個人的推しその1、グラフィック。
キャラ絵、背景、どちらも中々の水準です。

キャラデザのメインは漣ミサ (さざなみみさ)さん。
どうやら少女漫画を描かれている方のようで、 今作のキャラ絵は私の中の「乙女ゲー」のイメージそのものです。
男性キャラはカッコよく、女性キャラは少女らしい可憐さがあって、結構好みな絵です。
塗りも悪くなく、一枚絵は少し淡い塗りになっています。
髪質も鮮やかで、上でも引用した↓の絵の 二人の髪質、全体の配色バランス、GOODであります!

未然探偵


背景の塗り、キャラの服デザインなんかもステキ!
所長の着ているスーツ、探偵事務所やバーのデザインなんか、 Innocent Grey作品『ピアニッシモ』に似た雰囲気を感じました。



あと1つ、どうしても気になったことがあるのですが・・・



吉野由衣の髪型、これ、どうなってるの??(笑)
【管理人のハートフルポイント(+)その1】


↓↓個性的な髪型は好きでウェーブのかかった後ろ髪とか素晴らしいんだけど、前髪だけどういうデザインか判らんのです↓↓
未然探偵


■音楽

今作の個人的推しポイントその2。
曲数は少なめですが全体的に良質なBGMです。
私はゲームする時、まずタイトル画面の印象を重要視する「タイトル画面フェチ」でして、
今作のタイトル画面で流れるBGMを聴いて「おっ!これは!」となりました。 可愛い女主人公の絵柄とは対称的な重厚なBGM、 これからシビアな事件が始まるような雰囲気、 どこか近未来感、プロテアに合っているようなメロディーで 好印象でした。


あとはSEARCH MODEでかかる曲「思考」。
推理ゲームにおいて調査中にかかる音楽はかなり重要だと思っていて、ほどよい緊迫感のあるこの曲は
推理ゲーの調査にマッチしたもので良かったです。


担当は「SAKUMAMATATA」さん。
まだオレンジさんの他作品に携わっているのみのようですが、 今後の活躍を注視したい作曲家さんです。


■愛すべきキャラ


・天野夏樹

未然探偵


キャー、天野さーん!(本日3回目)


今作のメインと思われる。
『ふしぎ遊戯』でいう鬼宿的ポジション。
正統派なイケメンヒーローで、 プレイした女性の多くも「好き好き大好き!」という感じではないのでしょうか?


第一印象は「少しチャラいかな?」と感じたけど、実はそんなことなく、
純情で照れるところが可愛かったりで 私の印象は右肩上がりに高まっていきました。


印象に残ってるシーンは、
千春が落ち込んだ時、同僚の女警官に「女性が落ち込んだ時、どんなプレゼントがいい?」と聞いて プレゼントを買っていったシーン。
あと、冬真が何かと千春と仲良くしようと冗談で迫った時、 本気でジェラシーを表現するいくつかのシーン。かわゆす。


↓↓どちらかと言えば単純で直情型。だがそこがいい↓↓
未然探偵 未然探偵


最後の最後で、
呼び方が「千春!」になったのは「ちょっと急すぎない?」と思ったけど、
天野さんもそれまで溢れ出るリビドー♂を我慢してた結果ということでそれも致し方なし。 とりあえず、千春や他女性ファンより前に、天野さん!私を抱いて!(男だけど)




■まとめ



では、総評をば。



総合評価:  A-(72)


未然探偵


同社の作品『イヌワシ』きっかけで手をつけた作品のため、 どうしてもイヌワシと比較してしまうのですが、
個人的にイヌワシより評価が高いです。


未然探偵は、イヌワシと比べると一本道のお話で、 内容的にも推理ゲームのシステムにおいても
丁寧に創られていると感じましたね。



小分けにされたたくさんのお話がイヌワシの売りなら、 こちらはしっかり創った一本の推理ゲームという感じ。



そして初めにも書いた通り、
このお話、このグラフィック、このBGM、
この質で1320円
というのは
やっぱりお得、スゴイな〜と感じる。

未然探偵


おそらく、ボイスなし、パッケージ販売なし、少数精鋭チームで製作することで
コストをギリギリまで落としていると推測しますが、よく頑張っていると思いますよ、ORANGEさん。 いちゲーマーとして頭が下がります。。。
他のゲーム会社もORANGEさんのやり方をよく見習っていただきたい。


ミドルプライスであの出来だったすだまリレイシヨンくん、よく見習っていただきたい!!



未然探偵をクリアして思うのは、


ゲームというのは、

このくらいの製作スタッフの人数で

このくらいのボリュームで

このくらいの値段で

全体的に楽しめて

ラストはハートがほんのり温かくなる

このくらいで十分なんじゃないかな?



もちろん凝った大作があるのはありがたいし、自分もやるけどさ。
このレベルでも十分な楽しさと満足があった。
十分な「ゲーム」でした。



最後に、今作についてのみなさんへのコメントは、


これはぜひ多くの人にやってほしい。
お求め易いお値段ですし。

特に女性プレーヤーにやってほしい!
(女性のがより楽しめるゲームの気がするから)
(EDを見ると製作スタッフも多くが女性なんだよね)



ではでは、天野さんと千春が末永き恋人として幸せになることを願いつつ
(他のカップリング希望の方はスミマセヌ)
また次のゲームでお会いしましょう!



ゲームプレーヤー兼、ゲームレビュアー artoより
Fin


未然探偵


PS.
ゲーム会社ORANGEさんのゲームに対する心意気、
ゲーム製作への想い、ユーザーに対する姿勢、ゲームを通して私は受け取りました。
このスタンスを大事に、このままぜひ頑張ってほしい。応援しています!



PS2.
ORANGEさんの所在地が荒川区ということで住所を見たら、 家からめっちゃ近いんだけど 笑。びびった。






<6/25追記>

他の方のレビューを見たら、
「2〜3時間で終わる」などという方が居てビックリ。
そんな早く終わる!?
自分はどれくらいだろう?10時間前後かな?
Excelにメモしながらゆっくりやってるから時間がかかるのだろうか?
評価も様々で、でも、
GOOD、BADいろんな意見があるからこそ楽しい面ある。



>目次へ
>ゲームレビュー(一般)へ
>トップページへ




(c) CYBIRD / orange


banner

 Copyright (c) 2010 - 2024 www.arto-lucy.net All Rights Reserved. レイアウトVer5.0 コメントはこちらから= web拍手 by FC2
・ゲームレビュー(一般)    ・ゲームレビュー(ノベル)    ・ゲーム音楽    ・ゲームキャラ    ・トップページ